大阪 Slackline スラックライン 大阪、スラックライン 大阪 スラックライン 大阪 Osaka 
おおさか Slackline Slackline スラックライン スラックライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

wah document÷てんとうむしプロジェクト「てんとうむしのつなわたり」展 ②

そして23日の本番当日、お天気は快晴!絶好のライン日和。
京都芸術センターの外にも勿論ラインが張ってありました。

032302  032303

そして入り口にもラインが張られていて、壁にはGIBBONの文字が。

032304

廊下や校庭の色々な所にラインが張られていて、

032305 032311 032307


綱渡り師がやってくるかもしれない空中カフェなるものも。

032308 032309 032310


そしてギャラリーも「非日常」な感じ。

032312 032313 032314


さらに奥に行くと、真っ白の部屋があり壁からたくさんのラインが。

032315 032316


今回はプロの綱渡り師「とむさん」とのコラボ。
早速「とむさん」愛用のバランス棒を体験させてもらう93さん。

032317

これが結構重くて、逆にバランスを取るのが難しかったです。

ちなみにこちらがプロが使うラチェット?というか綱渡り装置?

032318 032319


そうこうしているうちに人がどんどんと集まってきて、
あっという間にパフォーマンスの時間。
果たして一般の方にはどんな風に映るのでしょうか?

いきなり「非日常」的な場所から開始です。

032320 032321

部屋を出て、窓から外へ飛び出し、観客の居る所へ。
そして二階から出てきた「とむさん」と校庭でコラボ。

032322 032323

そしてカフェへと消えていくと93さん。

032324

時間にして約30分ぐらいでしたが、観に来られた方々から
たくさんの拍手を頂き大成功だったようです。

終了後、wahの代表の方から挨拶があり、次回はさらに
違った場所で綱渡りを計画しているというお話もありました。

今回は全く別の角度からの「綱渡り」という大変貴重な
体験をさせて頂き本当にありがとうございました。

wah document÷てんとうむしプロジェクトのスタッフの皆さん、
前日までどうなるか判らない状況の中で本当にお疲れさまでした。
またこのような機会があれば是非参加したいと思います。

[ 2011/03/29 23:53 ] report | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slacklinersinosaka.blog57.fc2.com/tb.php/112-a60867cc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。