大阪 Slackline スラックライン 大阪、スラックライン 大阪 スラックライン 大阪 Osaka 
おおさか Slackline Slackline スラックライン スラックライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラジオ番組の生放送

いつものように地元の公園でスラックラインを楽しんでいると
「これ何してはるんですか?」とスラックラインに興味津々な
男性三人がこちらに近寄ってきました。

「私達、ラジオ番組をやってるんですが、
沿線めぐりをしながら面白い物を探しているんです」との事。

実は関西では有名なABCラジオの関係者の方々で 
武田和歌子のぴたっと。という番組のスタッフさんだったのです。

しかし、スラックラインをどうラジオで伝えるかで悩み出す三人。
以前トランポリンの取材で、全く伝わらなかった事があるらしく、
とりあえず、もうちょっと色々探してみますと公園を後に。

数時間後「すみません、取材させてもらっていいですか?」と
公園に戻って来られたので、勿論引き受けさせて頂く事に。

「じゃあ、30分後に生放送が始まります、今リポーターの
桂ちょうばが段取りを考えていますので少々お待ちください」

え?生放送?

数分後、リポーターの桂ちょうばさんが登場。
何やらノートに段取りが書かれていて、打ち合わせ開始。

設定は「ロープを張って花見の場所取りをしていると思ってたら
ロープの上を飛んだり跳ねたりしてる変な集団を発見」という設定。

「じゃあこの歌が終わったら本番開始でーす」とADさん。

20114051

ラジオなので何かトリックするわけでもなくインタビューのみ。
番組最後のお別れの部分で93さんがラインの上でぴょんぴょん、
「うお!うお!飛んでる!すごーい!」で番組は終了。

リスナーの方々にどこまでスラックラインが伝わったのかは謎です。

神戸綱者集団 のにんてーさんが番組内容を文字で起して下さいました。
ありがとうございます!

番組内容の文字お越しはこちら

番組終了後、ラインに乗るのを頑なに拒んでいた
桂ちょうばさんを強引に歩かせてみました。

20114052

ナイスな反応だったんですが、本番で乗ってくれれば
もっと伝わってたかもしれませんw

[ 2011/04/08 09:55 ] report | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slacklinersinosaka.blog57.fc2.com/tb.php/116-d3477e1a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。